FC2ブログ

「心やさしい女 ーフランス・ミステリ傑作選(2)」カトリーヌ・アルレー他 ハヤカワ・ミステリ文庫

2005-09-16

Tag :

☆☆☆

超有名な作家の作品も収録されています。ただし、1985年発行。

「ロドルフと拳銃」ノエル・カレフ
心変わりした女を射殺した男から拳銃を貰った子ども。彼は母親のために父親になってもらう男を探していた。拳銃のことを誰にも言わないかわりに男に父親になってもらう約束をしたが…夜のパリの街を逃げまわるこども。
ユーモアとペーソスのある短篇映画のようでした。

「階段に警官がいる」トーマ・ナルスジャック
復讐を果たした男の日記の形をかりた心理サスペンス。

「対案」ピエール・ボアロー
いとこの妻と図っていとこを殺害しようとした男。結末にスパイスが利いてます。

「ピエトルモンの夜」クロード・アブリーヌ
スリラーものだろうがあまり恐くなかった。

「すてきな片隅」ローラン・トポール
コクトーの“アンファンテリブル”といった感じでしょうか(読んだことないけど)
自殺志望の男と子供の会話。口の内が苦くなるような読後感です。

「甘い、甘いミュージック」クロード・シャブロール
ふられた男が女に復讐しようとする倒叙型サスペンス。
それほどのひねりがあるとは思えません。不思議な感覚。

「罠」ジルベール・タニュジ
ふつう。スパイもの。

「葬送爆弾」ジャン・フランソワ・コートムール
妻を寝取られた警護係が大統領と妻の爆殺計画を練る。
たいしたことない。

「心やさしい女」カトリーヌ・アルレー
アルレーらしい“心やさしい女”が死体を処分する方法は…
淡々とした日常生活との対比が可笑しい。

「金の斧」ガストン・ルルー
20ページにも満たない作品ですが、悲運、疑惑、恐怖、後悔、様々な感情が詰め込まれていて読みごたえがありました。しかも、結末には驚いてしまった。さすがに『黄色い部屋の秘密』、『オペラ座の怪人』を書いたルルーだけありますねぇ。
少しあらすじを紹介してみます。
“わたし”は旅先でひとりの謎めいた老婦人と知り合い、彼女の過去の話を聞くことになる。若い頃、彼女が結婚した相手はもの静かで誠実な青年だった。しかし、材木関係の事業を営む父親が亡くなり、家を継ぐために故郷に帰ると夫の性格が一変してしまう。
何か隠し事や心配事があるらしい。
ある日、彼に遺産を残すと言っていた時計商が斧で惨殺される。夫の行動に不審を抱いた彼女は夫のトランクの中に血まみれの服と斧を見つけてしまう。やがて時計商殺しの犯人として別の男が逮捕され、処刑されることになる。夫を真犯人と確信した彼女は裁判所に向かうのだが…

テーマ : 推理小説・ミステリー
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

てんちゃん1号

  • Author:てんちゃん1号
  • 海外ミステリなどの感想を誤字脱字、表現・文法間違いを交え、思い込みと偏見を持って書いています。そんな素晴らしいブログなのでリンクとか何でもフリーです。異次元、霊界、他惑星からもお気軽にどうぞ。

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

ユーザータグ

短編集 ホラー SF アンソロジー クリスマス・ストーリー ルース・レンデル アーロン・エルキンズ スティーヴン・キング キャロリン・G・ハート デイヴィッド・ハンドラー ドン・ウィンズロウ ジョアン・フルーク ローラ・チャイルズ マイクル・クライトン ジョー・R・ランズデール ジョージ・P・ペレケーノス C・J・ボックス ポーラ・ゴズリング ヘニング・マンケル レジナルド・ヒル ローレンス・ブロック カール・ハイアセン パーネル・ホール ジェイムズ・パタースン S・J・ローザン ジェームズ・パターソン エド・マクベイン リチャード・マシスン ジル・チャーチル D・M・ディヴァイン リリアン・J・ブラウン ジェフリー・ディーヴァー レスリー・メイヤー ピーター・ラヴゼイ ジャネット・イヴァノヴィッチ スチュアート・ウッズ ローラ・リップマン ジョルジュ・シムノン レックス・スタウト ジョー・ゴアズ ウィリアム・カッツ マーガレット・ミラー クレオ・コイル ジャック・カーリイ アリス・キンバリー マーシャ・マラー アイザック・アシモフ カーター・ディクスン ヒラリー・ウォー ジョン・ディクスン・カー コリン・ホルト・ソーヤー ルイーズ・ペニー エド・ゴーマン マイケル・ボンド ジェフ・アボット G・M・フォード ジェームズ・ヤッフェ イーヴリン・スミス フレッド・ヴァルガス ロブ・ライアン リタ・メイ・ブラウン ポール・ドハティー キャロリン・キーン ウィリアム・L・デアンドリア ダナ・レオン リン・S・ハイタワー アン・クリーヴス アンソニー・ホロヴィッツ デイヴィッド・マレル ドナ・アンドリューズ サイモン・カーニック ジョアン・ハリス ジャン=クリストフ・グランジェ スタンリイ・エリン ジョン・クリード アンドレア・カミッレーリ レニー・エアース ケイト・ロス ウイリアム・P・マッギヴァーン レイ・ハリスン コニス・リトル クリスチアナ・ブランド エヴァン・マーシャル ファーン・マイケルズ オーサ・ラーソン ジャック・フィニイ ウィリアム・ランデイ エーリヒ・ケストナー リック・ボイヤー ビリー・レッツ サキ ユージン・イジー イーサン・ブラック ジェーン・ラングトン ウォルター・サタスウェイト ウォルター・モズリイ トバイアス・ウルフ ポール・ドハティ スタンリー・エリン 

ブログ内検索

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク

RSSフィード

最近のトラックバック

最近のコメント