FC2ブログ

『名犬ランドルフ、謎を解く』J・F・イングラート ランダムハウス講談社

2008-11-20

Tag :

☆☆☆

ぼくの名はランドルフ。文学通で、新聞だって毎日かかさず読むけど、正真正銘の犬、黒ラブラドールだ。ご主人はお人よしの新人画家、ハリー。困ったことに、ハリーが匿名の招待状に誘われるままに、のこのこ怪しい降霊会に顔を出すものだから、殺人事件に遭遇してしまった! そればかりか、不審な人影がご主人をつけまわすようになり……。ご主人様の窮地こそ、愛犬の出番。犬ならではの嗅覚で難事件に挑む! シリーズ第一弾  内容紹介より



井狩春男氏のエッセイ「イヌよりネコが売れるのはなぜ?」(『本屋通いのビタミン剤』ちくま文庫)によると、イヌとネコのカレンダーのどちらの方が売れるかというと、ネコの方がイヌの一・五倍から三倍売れるそうで、その理由のひとつに「体の大きさ」を挙げています。つまり犬種が多種多様なため好みが分散してしまうということなのでしょう。
さて、ミステリ小説の世界ではどうかというと、やはりネコ・ミステリの方がイヌ・ミステリよりも数が多いのではないかと思います。わたしはR・A・ハインラインと同じくネコ派なので、とくにそう感じてしまうのかもしれませんけれど、主人公など登場人物のペットとして作品に登場する機会は同じ程度かもしれませんが、ネコをテーマにしたアンソロジーやネコが主役級の長編作品はイヌのそれよりも多い気がします。

というわけで、貴重なイヌ・ミステリの一冊である本書は、ラブラドールが主人公です。突然変異ですごく頭が良く生まれつき、愛読書がダンテの『神曲』で、用を足すときは「木陰型」の雄イヌ、中年。主人公にとっては元々の飼い主であり、現在の飼い主にとっては婚約者だった女性が約一年前に謎の失踪をし、その傷が未だ癒えないひとりと一匹が小説家殺人事件に巻き込まれてしまう話です。このふたつの謎が提示され、それがどう展開して係わり合っていくのかが興味をそそるわけですが、主人公の「ぼく」の語り口やご主人の職業が画家だったりすることでかもし出されるモラトリアムっぽい雰囲気、容疑者たちの存在感のなさと殺人事件のインパクトの弱さとが作品を気が抜けたように薄くしているように感じます。第二作目以降に語られるであろう婚約者失踪事件の詳細への前ふりあるいは序章みたいな役割なのかもしれません。



名犬ランドルフ、謎を解く (ランダムハウス講談社 イ 2-1 黒ラブ探偵 1)名犬ランドルフ、謎を解く (ランダムハウス講談社 イ 2-1 黒ラブ探偵 1)
(2008/03/01)
J F イングラート

商品詳細を見る

テーマ : 推理小説・ミステリー
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

てんちゃん1号

  • Author:てんちゃん1号
  • 海外ミステリなどの感想を誤字脱字、表現・文法間違いを交え、思い込みと偏見を持って書いています。そんな素晴らしいブログなのでリンクとか何でもフリーです。異次元、霊界、他惑星からもお気軽にどうぞ。

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

ユーザータグ

短編集 ホラー SF アンソロジー クリスマス・ストーリー ルース・レンデル アーロン・エルキンズ スティーヴン・キング キャロリン・G・ハート デイヴィッド・ハンドラー ドン・ウィンズロウ ジョアン・フルーク ローラ・チャイルズ C・J・ボックス ジョージ・P・ペレケーノス マイクル・クライトン ジョー・R・ランズデール ヘニング・マンケル ポーラ・ゴズリング レジナルド・ヒル エド・マクベイン ジル・チャーチル ジェイムズ・パタースン ローレンス・ブロック ジェームズ・パターソン リチャード・マシスン S・J・ローザン カール・ハイアセン ジャネット・イヴァノヴィッチ リリアン・J・ブラウン D・M・ディヴァイン スチュアート・ウッズ パーネル・ホール ピーター・ラヴゼイ ジェフリー・ディーヴァー ローラ・リップマン アリス・キンバリー ジョルジュ・シムノン レックス・スタウト ジョー・ゴアズ ウィリアム・カッツ マーガレット・ミラー レスリー・メイヤー ジャック・カーリイ クレオ・コイル ヒラリー・ウォー アイザック・アシモフ カーター・ディクスン ジョン・ディクスン・カー マーシャ・マラー エド・ゴーマン コリン・ホルト・ソーヤー ルイーズ・ペニー マイケル・ボンド ジェフ・アボット イーヴリン・スミス ジェームズ・ヤッフェ フレッド・ヴァルガス ウィリアム・L・デアンドリア ロブ・ライアン リタ・メイ・ブラウン キャロリン・キーン G・M・フォード ポール・ドハティー ジャン=クリストフ・グランジェ リン・S・ハイタワー ダナ・レオン ドナ・アンドリューズ ウイリアム・P・マッギヴァーン サイモン・カーニック スタンリイ・エリン クリスチアナ・ブランド アン・クリーヴス アンソニー・ホロヴィッツ ジョアン・ハリス ケイト・ロス アンドレア・カミッレーリ ジョン・クリード レニー・エアース デイヴィッド・マレル コニス・リトル オーサ・ラーソン ファーン・マイケルズ レイ・ハリスン エヴァン・マーシャル ウィリアム・ランデイ ジャック・フィニイ ウォルター・モズリイ ビリー・レッツ サキ ジェーン・ラングトン ユージン・イジー イーサン・ブラック リック・ボイヤー エーリヒ・ケストナー ウォルター・サタスウェイト トバイアス・ウルフ ポール・ドハティ スタンリー・エリン 

ブログ内検索

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク

RSSフィード

最近のトラックバック

最近のコメント