FC2ブログ

『チャイナタウン特捜隊』エド・マクベイン 扶桑社ミステリー

2010-01-18

☆☆☆

N.Y.チャイナタウン ― 年に20件しか殺人事件が発生しない平穏な街を4発の銃声が切り裂いた。平凡なレストラン店主が射殺されたのだ。第5分署のリアダン刑事は、事件を追ううちに店主殺害の犯人が、弁護士と身元不明のアラブ人をも殺していることを知る。厄介なクリスマスになりそうだ。おまけに、私生活では妻と離婚係争中の身……。一方、大財閥キッド家は絵画コレクションを競売にかけ大金を手にし、令嬢オリヴィアの指揮のもと、銀の先物を大量に買い込んでいた。銀相場が高騰するという“何か”を握っているようだが?やがて、やがて、リアダンの執拗な捜査により、連続殺人と銀取引との間の黒い糸が明らかになる!! 内容紹介より



本書がアメリカで出版されたのは1986年で、87分署シリーズでは『八頭の黒馬』と『毒薬』の間の年、また、ホープ弁護士シリーズでは『シンデレラ』と同年ということになるみたいです。『八頭の黒馬』は、87分署シリーズの38作品目にあたりますが、なぜこの時期に87分署に似た警察小説をマクベインが書こうとしたのか不思議です。舞台をアイソラの街に、登場人物を87分署の刑事へと設定を変更することは簡単だったと思いますけど、何かしらの理由でもあったのか、なんだか気になります。それとも単なるアイソラがある世界とは別のパラレルワールドみたいなものなのか。
87分署シリーズと明らかに異なるところは、本書の主人公がキャレラと違い私生活で不幸な状況にあるところです。妻の身に起きたある事件が原因で別居中であり、離婚話が持ち上がっています。しかし、その事件の詳細が書かれていないことや一人娘とのやり取りを読むと、これはこれでシリーズ化する意図でもあったのではないかと思うんですよね。
内容はマクベインらしい水準を保っています。でも、同じ車で犯行を重ねる暗殺者たちについてはかなりの間抜けな印象。

タグ:エド・マクベイン




チャイナタウン特捜隊 (扶桑社ミステリー)チャイナタウン特捜隊 (扶桑社ミステリー)
(1990/03)
エド・マクべイン

商品詳細を見る

テーマ : 推理小説・ミステリー
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

てんちゃん1号

  • Author:てんちゃん1号
  • 海外ミステリなどの感想を誤字脱字、表現・文法間違いを交え、思い込みと偏見を持って書いています。そんな素晴らしいブログなのでリンクとか何でもフリーです。異次元、霊界、他惑星からもお気軽にどうぞ。

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

ユーザータグ

短編集 ホラー SF アンソロジー クリスマス・ストーリー ルース・レンデル アーロン・エルキンズ スティーヴン・キング キャロリン・G・ハート デイヴィッド・ハンドラー ドン・ウィンズロウ ジョアン・フルーク ローラ・チャイルズ C・J・ボックス ジョージ・P・ペレケーノス マイクル・クライトン ジョー・R・ランズデール ヘニング・マンケル ポーラ・ゴズリング レジナルド・ヒル エド・マクベイン ジル・チャーチル ジェイムズ・パタースン ローレンス・ブロック ジェームズ・パターソン リチャード・マシスン S・J・ローザン カール・ハイアセン ジャネット・イヴァノヴィッチ リリアン・J・ブラウン D・M・ディヴァイン スチュアート・ウッズ パーネル・ホール ピーター・ラヴゼイ ジェフリー・ディーヴァー ローラ・リップマン アリス・キンバリー ジョルジュ・シムノン レックス・スタウト ジョー・ゴアズ ウィリアム・カッツ マーガレット・ミラー レスリー・メイヤー ジャック・カーリイ クレオ・コイル ヒラリー・ウォー アイザック・アシモフ カーター・ディクスン ジョン・ディクスン・カー マーシャ・マラー エド・ゴーマン コリン・ホルト・ソーヤー ルイーズ・ペニー マイケル・ボンド ジェフ・アボット イーヴリン・スミス ジェームズ・ヤッフェ フレッド・ヴァルガス ウィリアム・L・デアンドリア ロブ・ライアン リタ・メイ・ブラウン キャロリン・キーン G・M・フォード ポール・ドハティー ジャン=クリストフ・グランジェ リン・S・ハイタワー ダナ・レオン ドナ・アンドリューズ ウイリアム・P・マッギヴァーン サイモン・カーニック スタンリイ・エリン クリスチアナ・ブランド アン・クリーヴス アンソニー・ホロヴィッツ ジョアン・ハリス ケイト・ロス アンドレア・カミッレーリ ジョン・クリード レニー・エアース デイヴィッド・マレル コニス・リトル オーサ・ラーソン ファーン・マイケルズ レイ・ハリスン エヴァン・マーシャル ウィリアム・ランデイ ジャック・フィニイ ウォルター・モズリイ ビリー・レッツ サキ ジェーン・ラングトン ユージン・イジー イーサン・ブラック リック・ボイヤー エーリヒ・ケストナー ウォルター・サタスウェイト トバイアス・ウルフ ポール・ドハティ スタンリー・エリン 

ブログ内検索

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク

RSSフィード

最近のトラックバック

最近のコメント