FC2ブログ

『アウェイ ゲーム』アレクサンドラ・マリーニナ 光文社文庫

2010-04-28

Tag :

☆☆☆☆

― 満身に不調を訴えるアナスタシア。“丸パン”ことゴルジェーエフの計らいで、“渓谷”(保養所)で休暇を過ごすことになった。しかし保養所のあるN市では、黒幕デニソフと彼等に対抗する犯罪組織とのせめぎ合いが続いていた。そうした不穏な動きがあるなか、映画制作を目的としたいかがわしい一行が暗躍し、やがて……。― 全世界的に人気を博す、モスクワ市警殺人課分析官アナスタシア・シリーズいよいよ登場! 内容紹介より



本屋さんで背表紙を見ていると、本書の〈分析官アナスタシア・シリーズ〉のようにタイトル下にサブタイトルが振ってある女性捜査官シリーズが多いことにちょっと前から気が付いていて気になっていました。ということで手始めに本シリーズから読んでみました。
この主人公の特徴は頭がよく、特に理数系の思考回路を持ち合わせ、かなり内省的なところじゃないでしょうか。行動する前に熟考するタイプで、寡黙ながら人によっては屁理屈にもとれる言い方をするみたいなイメージです。このジャンルにはハードボイルド・タイプのヒロインが多いので、本書のような主人公は新鮮です。
ストーリーは、(a)N市の司法、行政、経済界を掌握している黒幕のグループ、(b)その黒幕一派の目を盗み、保養所を拠点に犯罪行為を行っているグループ、(c)ヒロイン及びモスクワ市犯罪捜査局、この三つの視点から描かれています。まず(a)が自分達の目をかすめて保養所で何かが行われていることに気が付く。次に、(b)の目から実際の犯罪行為が描かれる。そして、当地に滞在中、(c)も何事かが行われていることを薄々感じており、(a)が(c)に調査協力を依頼する、といった具合に進みます。
なので、読者は(b)の部分でどういう犯罪が行われているのかを知ってしまう、つまり倒叙ミステリ的な構成になっているために、(c)が(a)に協力して、実際に調査を始めるまでの間の部分がかなりまどろっこしいものに思えますし、ヒロインの傍白の箇所が多いためになおさらそう感じてしまいます。ロシアでは想像の産物ではないのかもしれませんが、犯人たちの犯罪ビジネス自体はかなり荒唐無稽な話だとも思いました。




アウェイ ゲーム (光文社文庫)アウェイ ゲーム (光文社文庫)
(2003/04/10)
アレクサンドラ マリーニナ

商品詳細を見る

テーマ : 推理小説・ミステリー
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

てんちゃん1号

  • Author:てんちゃん1号
  • 海外ミステリなどの感想を誤字脱字、表現・文法間違いを交え、思い込みと偏見を持って書いています。そんな素晴らしいブログなのでリンクとか何でもフリーです。異次元、霊界、他惑星からもお気軽にどうぞ。

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

ユーザータグ

短編集 ホラー SF アンソロジー クリスマス・ストーリー ルース・レンデル アーロン・エルキンズ スティーヴン・キング キャロリン・G・ハート デイヴィッド・ハンドラー ドン・ウィンズロウ ジョアン・フルーク ローラ・チャイルズ マイクル・クライトン ジョー・R・ランズデール ジョージ・P・ペレケーノス C・J・ボックス ポーラ・ゴズリング ヘニング・マンケル レジナルド・ヒル ローレンス・ブロック カール・ハイアセン パーネル・ホール ジェイムズ・パタースン S・J・ローザン ジェームズ・パターソン エド・マクベイン リチャード・マシスン ジル・チャーチル D・M・ディヴァイン リリアン・J・ブラウン ジェフリー・ディーヴァー レスリー・メイヤー ピーター・ラヴゼイ ジャネット・イヴァノヴィッチ スチュアート・ウッズ ローラ・リップマン ジョルジュ・シムノン レックス・スタウト ジョー・ゴアズ ウィリアム・カッツ マーガレット・ミラー クレオ・コイル ジャック・カーリイ アリス・キンバリー マーシャ・マラー アイザック・アシモフ カーター・ディクスン ヒラリー・ウォー ジョン・ディクスン・カー コリン・ホルト・ソーヤー ルイーズ・ペニー エド・ゴーマン マイケル・ボンド ジェフ・アボット G・M・フォード ジェームズ・ヤッフェ イーヴリン・スミス フレッド・ヴァルガス ロブ・ライアン リタ・メイ・ブラウン ポール・ドハティー キャロリン・キーン ウィリアム・L・デアンドリア ダナ・レオン リン・S・ハイタワー アン・クリーヴス アンソニー・ホロヴィッツ デイヴィッド・マレル ドナ・アンドリューズ サイモン・カーニック ジョアン・ハリス ジャン=クリストフ・グランジェ スタンリイ・エリン ジョン・クリード アンドレア・カミッレーリ レニー・エアース ケイト・ロス ウイリアム・P・マッギヴァーン レイ・ハリスン コニス・リトル クリスチアナ・ブランド エヴァン・マーシャル ファーン・マイケルズ オーサ・ラーソン ジャック・フィニイ ウィリアム・ランデイ エーリヒ・ケストナー リック・ボイヤー ビリー・レッツ サキ ユージン・イジー イーサン・ブラック ジェーン・ラングトン ウォルター・サタスウェイト ウォルター・モズリイ トバイアス・ウルフ ポール・ドハティ スタンリー・エリン 

ブログ内検索

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク

RSSフィード

最近のトラックバック

最近のコメント