FC2ブログ

『猫と針金』デイヴィッド・ハンドラー 講談社文庫

2010-09-14

☆☆☆

灼熱の恋が、ヴァージニア州の崩れゆく大農場を舞台に燃えた ― 。南北戦争を舞台のこの大歴史ドラマは、瞬く間にブロードウェイを、ハリウッドを舐め尽くし、世界を圧倒した。だが続編の執筆は作者の事故死後50年間、なぜか禁じられていた。今、執筆を依頼されたホーギーの前にまたまた屍の山が築かれる! 内容紹介より



シリーズ四作目。
相変わらず主人公ホーギーが愛犬ルルあるいは時に元嫁メリリーと交わすソフィスティケイテッド・コメディの台詞みたいな会話もハマればそれなりにそれとなく機転が利いている場合もなきにしもあらずなのですが、ほとんどの場合はパウダーシュガー過多のドーナッツみたいに甘過ぎで知覚過敏をおこしそうな傾向にあります。ホーギーとメリリーのやり取りは、ピーターパンとティンカー・ベルの間の児戯みたいであり、今回はルルにかける飼い主の言葉がいつも以上にベタベタと気持ち悪かったです。
アメリカ人男性作家が好むといわれるイノセンスの影響を作者も受けているのかどうだか、主人公のモラトリアム人間ふうな造形は別シリーズの主人公にも見て取れることで、ひょうひょうとした言動がかなり(設定された)実年齢と乖離し過ぎて不思議さと不自然さを覚えたりします。それがこのシリーズの特徴のひとつなのは分かっていますけれど、作り物感が際立ってわざとらしい印象を受けます。

以下、ネタばれ気味です!ご注意下さい。


さて肝心の事の真相部分はなにげに前作『笑いながら死んだ男』のそれの焼き直し感が否めないわけで、この点は芸がないのじゃないかと思いました。ただ、多少首をひねらざるを得ないようなひねりを加えてはあります。

『真夜中のミュージシャン』デイヴィッド・ハンドラー 講談社文庫
『フィッツジェラルドをめざした男』デイヴィッド・ハンドラー 講談社文庫
『笑いながら死んだ男』デイヴィッド・ハンドラー 講談社文庫

タグ:デイヴィッド・ハンドラー




猫と針金 (講談社文庫)猫と針金 (講談社文庫)
(1993/10)
デイヴィッド・ハンドラー

商品詳細を見る

テーマ : 推理小説・ミステリー
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

てんちゃん1号

  • Author:てんちゃん1号
  • 海外ミステリなどの感想を誤字脱字、表現・文法間違いを交え、思い込みと偏見を持って書いています。そんな素晴らしいブログなのでリンクとか何でもフリーです。異次元、霊界、他惑星からもお気軽にどうぞ。

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

ユーザータグ

短編集 ホラー SF アンソロジー クリスマス・ストーリー ルース・レンデル アーロン・エルキンズ スティーヴン・キング キャロリン・G・ハート デイヴィッド・ハンドラー ドン・ウィンズロウ ジョアン・フルーク ローラ・チャイルズ マイクル・クライトン ジョー・R・ランズデール ジョージ・P・ペレケーノス C・J・ボックス ポーラ・ゴズリング ヘニング・マンケル レジナルド・ヒル ローレンス・ブロック カール・ハイアセン パーネル・ホール ジェイムズ・パタースン S・J・ローザン ジェームズ・パターソン エド・マクベイン リチャード・マシスン ジル・チャーチル D・M・ディヴァイン リリアン・J・ブラウン ジェフリー・ディーヴァー レスリー・メイヤー ピーター・ラヴゼイ ジャネット・イヴァノヴィッチ スチュアート・ウッズ ローラ・リップマン ジョルジュ・シムノン レックス・スタウト ジョー・ゴアズ ウィリアム・カッツ マーガレット・ミラー クレオ・コイル ジャック・カーリイ アリス・キンバリー マーシャ・マラー アイザック・アシモフ カーター・ディクスン ヒラリー・ウォー ジョン・ディクスン・カー コリン・ホルト・ソーヤー ルイーズ・ペニー エド・ゴーマン マイケル・ボンド ジェフ・アボット G・M・フォード ジェームズ・ヤッフェ イーヴリン・スミス フレッド・ヴァルガス ロブ・ライアン リタ・メイ・ブラウン ポール・ドハティー キャロリン・キーン ウィリアム・L・デアンドリア ダナ・レオン リン・S・ハイタワー アン・クリーヴス アンソニー・ホロヴィッツ デイヴィッド・マレル ドナ・アンドリューズ サイモン・カーニック ジョアン・ハリス ジャン=クリストフ・グランジェ スタンリイ・エリン ジョン・クリード アンドレア・カミッレーリ レニー・エアース ケイト・ロス ウイリアム・P・マッギヴァーン レイ・ハリスン コニス・リトル クリスチアナ・ブランド エヴァン・マーシャル ファーン・マイケルズ オーサ・ラーソン ジャック・フィニイ ウィリアム・ランデイ エーリヒ・ケストナー リック・ボイヤー ビリー・レッツ サキ ユージン・イジー イーサン・ブラック ジェーン・ラングトン ウォルター・サタスウェイト ウォルター・モズリイ トバイアス・ウルフ ポール・ドハティ スタンリー・エリン 

ブログ内検索

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク

RSSフィード

最近のトラックバック

最近のコメント