FC2ブログ

『カーデュラ探偵社』ジャック・リッチー 河出文庫

2011-04-02

Tag : 短編集

☆☆☆☆

超人的な力と鋭い頭脳で難事件を解決する、黒服の私立探偵。ただし営業時間は夜間のみ。その正体は ― 短編の名手リッチーが生んだユニークな名探偵カーデュラ・シリーズを全作収録した世界初の完全版〈カーデュラの事件簿〉。さらに「いい殺し屋を雇うなら」「さかさまの世界」など五篇を新訳で贈る。 ◎解説=羽柴壮一 内容紹介よりに



「キッド・カーデュラ」「カーデュラ探偵社」「カーデュラ救助に行く」「カーデュラと盗癖者」「カーデュラの逆襲」「カーデュラ野球場へ行く」「カーデュラと鍵のかかった部屋」「カーデュラと昨日消えた男」「無痛抜歯法」「いい殺し屋を雇うなら」「くずかご」「さかさまの世界」「トニーのために歌おう」
カーデュラ・シリーズ八篇とノン・シリーズもの五作を収録。

どの作品も意外性を突いていたり、手が込んでいたり、小さなひねりを二重に利かせていたりしていて、ショート・ショートに近い短編ながら完成度か高いです。カーデュラ・シリーズはドラキュラ伯爵を主人公にしながらも、吸血鬼の部分を掘り下げて説明していないところが粋だし、アメリカ的なしつこくてくどい笑いじゃなく、イギリス的な渋いブラックな笑いのセンスを感じました。特に「カーデュラの逆襲」では、ヴァンパイア・ハンターへの恨みのはらし方が笑いを伴う残酷さをそなえていて秀逸です。また、(個人的に、リッチーよりもプロットが単純な作品を書いていると思う)エドワード・D・ホックが誉めた(羽柴壮一氏解説より)という「カーデュラと鍵のかかった部屋」は、ホームズ並みの推理とどんでん返しが用意されている上に、さらにもうひとつのひねりが付け加えてある佳作ですし、まったく同じ事件が二度起きる「カーデュラ救助に行く」も巧みな小品です。そして、少年の推理が冴えて犯人が捕まるだろうという読者の予想を上回る結末が用意してある、ノン・シリーズものの「無痛抜歯法」も秀作です。




カーデュラ探偵社 (河出文庫)カーデュラ探偵社 (河出文庫)
(2010/09/03)
ジャック・リッチー

商品詳細を見る

テーマ : 推理小説・ミステリー
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

てんちゃん1号

  • Author:てんちゃん1号
  • 海外ミステリなどの感想を誤字脱字、表現・文法間違いを交え、思い込みと偏見を持って書いています。そんな素晴らしいブログなのでリンクとか何でもフリーです。異次元、霊界、他惑星からもお気軽にどうぞ。

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

ユーザータグ

短編集 ホラー SF アンソロジー クリスマス・ストーリー ルース・レンデル アーロン・エルキンズ スティーヴン・キング キャロリン・G・ハート デイヴィッド・ハンドラー ドン・ウィンズロウ ジョアン・フルーク ローラ・チャイルズ マイクル・クライトン ジョー・R・ランズデール ジョージ・P・ペレケーノス C・J・ボックス ポーラ・ゴズリング ヘニング・マンケル レジナルド・ヒル ローレンス・ブロック カール・ハイアセン パーネル・ホール ジェイムズ・パタースン S・J・ローザン ジェームズ・パターソン エド・マクベイン リチャード・マシスン ジル・チャーチル D・M・ディヴァイン リリアン・J・ブラウン ジェフリー・ディーヴァー レスリー・メイヤー ピーター・ラヴゼイ ジャネット・イヴァノヴィッチ スチュアート・ウッズ ローラ・リップマン ジョルジュ・シムノン レックス・スタウト ジョー・ゴアズ ウィリアム・カッツ マーガレット・ミラー クレオ・コイル ジャック・カーリイ アリス・キンバリー マーシャ・マラー アイザック・アシモフ カーター・ディクスン ヒラリー・ウォー ジョン・ディクスン・カー コリン・ホルト・ソーヤー ルイーズ・ペニー エド・ゴーマン マイケル・ボンド ジェフ・アボット G・M・フォード ジェームズ・ヤッフェ イーヴリン・スミス フレッド・ヴァルガス ロブ・ライアン リタ・メイ・ブラウン ポール・ドハティー キャロリン・キーン ウィリアム・L・デアンドリア ダナ・レオン リン・S・ハイタワー アン・クリーヴス アンソニー・ホロヴィッツ デイヴィッド・マレル ドナ・アンドリューズ サイモン・カーニック ジョアン・ハリス ジャン=クリストフ・グランジェ スタンリイ・エリン ジョン・クリード アンドレア・カミッレーリ レニー・エアース ケイト・ロス ウイリアム・P・マッギヴァーン レイ・ハリスン コニス・リトル クリスチアナ・ブランド エヴァン・マーシャル ファーン・マイケルズ オーサ・ラーソン ジャック・フィニイ ウィリアム・ランデイ エーリヒ・ケストナー リック・ボイヤー ビリー・レッツ サキ ユージン・イジー イーサン・ブラック ジェーン・ラングトン ウォルター・サタスウェイト ウォルター・モズリイ トバイアス・ウルフ ポール・ドハティ スタンリー・エリン 

ブログ内検索

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク

RSSフィード

最近のトラックバック

最近のコメント