FC2ブログ

『殺意の連鎖』ローリー・アンドリューズ ハヤカワ文庫

2011-06-11

Tag :

☆☆☆☆

軍が運営する病理学研究所AFIPに勤務する遺伝子学者アレックス・ブレーク。スペイン風邪ウィルスのゲノム解析という自分の研究に専念していた彼女は、新所長の就任で、予想外の任務に就く。海軍基地の周辺で次々に女性が襲われる連続殺人事件の遺伝子捜査に駆りだされたのだ。反発しながらも、徐々に捜査へのめり込むアレックスだが……専門知識を武器に、体当たりの捜査に、そして危険な恋にも挑む、新ヒロイン登場 内容紹介より



アレクサンドラ・マリーニナの〈分析官アナスタシヤ・シリーズ〉と同様に、〈遺伝子捜査官アレックス〉とサブタイトルが付けられているシリーズの一作目。背表紙までサブタイトルが明記してあるので書店でも目を引きやすいです。カバーイラストも都会の洒落た夜景を背景にキレイなブロンドのおねえさんがいて、女性読者を意識しているように見えます。中身はかなりの良作です。まず、女性が主人公なのでお約束の恋愛話も進みますが、これがメインストーリーを台無しにするような甘さやぬるさを感じさせません。彼女が幼少の頃に戦死した父親の話も人物造形に適度な陰影を与えています。これまで犯罪捜査に無縁だった主人公が、捜査会議に出席し、報告を聞いているうちにワクワクドキドキしてしまう姿がこれまでになく新鮮に映りました。その他の登場人物たちにも、読者の彼らへのステレオタイプな印象をことごとくくつがえす趣向が凝らしてあります。AFIPの新任所長は軍人にありがちな単細胞で偏屈なキャラかと思わせながら、意外と現実的で有能な人物であり、セクハラ気質のマッチョな大尉が発明ヲタだったり、いかにも裏がありそうな上昇志向の議員が本物の清廉潔白な人物だったりと。ただ残念だったのは、これらのキャラクターに、意外性とひねりがない犯人像がかすんでしまったことです。また、終盤にもうひとつの殺人事件を挿入したのは、それまでのテンポを損なうかたちになって、面白いけれど欲張り過ぎで余計に思えました。




遺伝子捜査官アレックス/殺意の連鎖 (ハワカワ・ミステリ文庫)遺伝子捜査官アレックス/殺意の連鎖 (ハワカワ・ミステリ文庫)
(2008/05/23)
ローリー・アンドリューズ

商品詳細を見る

テーマ : 推理小説・ミステリー
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

てんちゃん1号

  • Author:てんちゃん1号
  • 海外ミステリなどの感想を誤字脱字、表現・文法間違いを交え、思い込みと偏見を持って書いています。そんな素晴らしいブログなのでリンクとか何でもフリーです。異次元、霊界、他惑星からもお気軽にどうぞ。

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

ユーザータグ

短編集 ホラー SF アンソロジー クリスマス・ストーリー ルース・レンデル アーロン・エルキンズ スティーヴン・キング キャロリン・G・ハート デイヴィッド・ハンドラー ドン・ウィンズロウ ジョアン・フルーク ローラ・チャイルズ マイクル・クライトン ジョー・R・ランズデール ジョージ・P・ペレケーノス C・J・ボックス ポーラ・ゴズリング ヘニング・マンケル レジナルド・ヒル ローレンス・ブロック カール・ハイアセン パーネル・ホール ジェイムズ・パタースン S・J・ローザン ジェームズ・パターソン エド・マクベイン リチャード・マシスン ジル・チャーチル D・M・ディヴァイン リリアン・J・ブラウン ジェフリー・ディーヴァー レスリー・メイヤー ピーター・ラヴゼイ ジャネット・イヴァノヴィッチ スチュアート・ウッズ ローラ・リップマン ジョルジュ・シムノン レックス・スタウト ジョー・ゴアズ ウィリアム・カッツ マーガレット・ミラー クレオ・コイル ジャック・カーリイ アリス・キンバリー マーシャ・マラー アイザック・アシモフ カーター・ディクスン ヒラリー・ウォー ジョン・ディクスン・カー コリン・ホルト・ソーヤー ルイーズ・ペニー エド・ゴーマン マイケル・ボンド ジェフ・アボット G・M・フォード ジェームズ・ヤッフェ イーヴリン・スミス フレッド・ヴァルガス ロブ・ライアン リタ・メイ・ブラウン ポール・ドハティー キャロリン・キーン ウィリアム・L・デアンドリア ダナ・レオン リン・S・ハイタワー アン・クリーヴス アンソニー・ホロヴィッツ デイヴィッド・マレル ドナ・アンドリューズ サイモン・カーニック ジョアン・ハリス ジャン=クリストフ・グランジェ スタンリイ・エリン ジョン・クリード アンドレア・カミッレーリ レニー・エアース ケイト・ロス ウイリアム・P・マッギヴァーン レイ・ハリスン コニス・リトル クリスチアナ・ブランド エヴァン・マーシャル ファーン・マイケルズ オーサ・ラーソン ジャック・フィニイ ウィリアム・ランデイ エーリヒ・ケストナー リック・ボイヤー ビリー・レッツ サキ ユージン・イジー イーサン・ブラック ジェーン・ラングトン ウォルター・サタスウェイト ウォルター・モズリイ トバイアス・ウルフ ポール・ドハティ スタンリー・エリン 

ブログ内検索

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク

RSSフィード

最近のトラックバック

最近のコメント