FC2ブログ

『犯罪の帝王』 トニィ・ダンバー ハヤカワ文庫HM

2012-03-30

Tag :

☆☆☆☆

娘はとっとと結婚して孫をこしらえちまい、おれは年がいもなくビキニの女に欲情しちまう始末。弁護士は毎日が波瀾万丈だ。そんなとき、最高の親友が銀行強盗の凶弾からおれをかばって死んじまったんだ。ちくしょう、犯人を絶対とっつかまえてやる。もちろん、犯人の裏にいる「犯罪の帝王」もまとめてな!じゃ、急ぐんでまたな ― ニューオーリンズの粋な弁護士タビーは今日も孤軍奮闘。頭から湯気だしてがんばってます。 内容紹介より



物語の基本形は、ミドルエイジクライシス気味の主人公による犯罪小説風復讐譚みたいなものですけれど、そこにボーイフレンドを殺された娼婦の敵討ち、犯罪組織同士の抗争、裁判官選挙が絡んで来ます。
主人公は、親友が殺された銀行強盗事件を指図したと思われる、街を牛耳る犯罪組織のボスの正体を暴くために、女子プロ・ボクシングの興行をネタにしてコンゲームを仕掛けるのです。その偽の取引の見せ金を用立てて貰おうとするも、市警察や組織の被害者、対抗組織にことごとく断られてしまう場面が間が抜けて可笑しかったです。このように雰囲気はユーモラスでスラップスティック調でもあり、とても軽い感じがしました。そして、この作品の非常に特徴的な趣向は、事の発端となった銀行強盗事件の場面が断片的にしか触れられていないことでしょう。ある重要書類を盗む目的での、単純な銀行強盗を装って計画した事件であり、主人公とともに人質になった女友達がどさくさにまぎれて、貴金属や宝石などの盗品を持ち逃げしてしまう出来事も起きているのです。しかし、ストーリーではその詳細がばっさり省かれているので、読者にとっては説明不足に感じるかもしれません。あるいは、思いきったアイデアだと感じるかもしれませんが。最後に、本書は三人称であり、主人公は自分のことを「わたし」と言い、内容紹介文のような口調ではありません。




犯罪の帝王 (ハヤカワ・ミステリ文庫)犯罪の帝王 (ハヤカワ・ミステリ文庫)
(2001/07)
トニイ・ダンバー

商品詳細を見る

テーマ : 推理小説・ミステリー
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

てんちゃん1号

  • Author:てんちゃん1号
  • 海外ミステリなどの感想を誤字脱字、表現・文法間違いを交え、思い込みと偏見を持って書いています。そんな素晴らしいブログなのでリンクとか何でもフリーです。異次元、霊界、他惑星からもお気軽にどうぞ。

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

ユーザータグ

短編集 ホラー SF クリスマス・ストーリー アンソロジー ルース・レンデル アーロン・エルキンズ スティーヴン・キング キャロリン・G・ハート ドン・ウィンズロウ デイヴィッド・ハンドラー ジョージ・P・ペレケーノス マイクル・クライトン ジョアン・フルーク ローラ・チャイルズ ジョー・R・ランズデール C・J・ボックス ポーラ・ゴズリング ヘニング・マンケル レジナルド・ヒル ジェフリー・ディーヴァー エド・マクベイン ピーター・ラヴゼイ カール・ハイアセン ジェイムズ・パタースン ローレンス・ブロック パーネル・ホール ジル・チャーチル ジェームズ・パターソン S・J・ローザン D・M・ディヴァイン リチャード・マシスン リリアン・J・ブラウン スチュアート・ウッズ ジャネット・イヴァノヴィッチ レスリー・メイヤー ローラ・リップマン レックス・スタウト ジョルジュ・シムノン ジョー・ゴアズ ウィリアム・カッツ マーガレット・ミラー クレオ・コイル ジャック・カーリイ アリス・キンバリー マーシャ・マラー アイザック・アシモフ カーター・ディクスン ヒラリー・ウォー ジョン・ディクスン・カー コリン・ホルト・ソーヤー ルイーズ・ペニー エド・ゴーマン マイケル・ボンド ジェフ・アボット ウィリアム・L・デアンドリア G・M・フォード ジェームズ・ヤッフェ イーヴリン・スミス ロブ・ライアン ポール・ドハティー リタ・メイ・ブラウン フレッド・ヴァルガス キャロリン・キーン アン・クリーヴス オーサ・ラーソン クリスチアナ・ブランド ジョアン・ハリス リン・S・ハイタワー デイヴィッド・マレル サイモン・カーニック スタンリイ・エリン ケイト・ロス ウイリアム・P・マッギヴァーン ジャン=クリストフ・グランジェ レニー・エアース ジョン・クリード ダナ・レオン ドナ・アンドリューズ ファーン・マイケルズ エヴァン・マーシャル コニス・リトル レイ・ハリスン アンドレア・カミッレーリ アンソニー・ホロヴィッツ ジャック・フィニイ ユージン・イジー ビリー・レッツ リック・ボイヤー ウィリアム・ランデイ サキ イーサン・ブラック ジェーン・ラングトン エーリヒ・ケストナー ウォルター・モズリイ ウォルター・サタスウェイト ポール・ドハティ スタンリー・エリン トバイアス・ウルフ 

ブログ内検索

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク

RSSフィード

最近のトラックバック

最近のコメント