FC2ブログ

『デッド・アイズ』 スチュアート・ウッズ 角川文庫

2012-04-27

☆☆

ハリウッドのスターダムに手が届かんとする演技派女優クリス。プライバシーが保たれているはずの彼女の自宅へ、ある日“賞賛者”と名乗る者から手紙が届く。彼女の行動を知り尽くしている様子の“賞賛者”への恐怖を募らせていた矢先、クリスは事故に遭い、一時的に視力を失ってしまう。それを契機に“賞賛者”は、暗闇に閉ざされたクリスに忍び寄り、歪んだ求愛をはじめた……。剛腕作家スチュアート・ウッズが、エスカレートを続けるストーカー犯罪を描く、現代犯罪小説の真骨頂。 内容紹介より



なんでしょう、このハーレ○インもどきのストーリーは?!女優と刑事(育ちもいい教養もあるどっちも金持ってる美男美女)がストーカー事件で出会い、やがて恋に落ちる。なんだこの百万回は読んだり観たりしたこのあるありきたりで甘くてゆるい設定は!ウッズのこれまでの作品から感じた、人に対する温かな視線が何か違う方向に作用したみたいに俗っぽくなったみたいな。読む前は、視力を失った独りぼっちのヒロインがストーカーにじわりじわりと苦しめられ、追い詰められた後、ついに暗闇のなか犯人と対決して……、みたいな展開なのかなあと思っていたら、思いっきり悪い意味で期待を裏切られました(裏切られるって本来悪い意味だから、これは間違った表現ですけど、それほど強調したかったんです)。そのうえ、ストーカー犯罪専門の刑事があまりにも間抜けでヘマ過ぎるし。それから、これは角川文庫側に問題があるのでしょうが、真犯人についてせっかくレッドへリングを登場させているにもかかわらず、カバー折り返しの主な登場人物欄に登場回数三回くらい、出演総ページ数六ページくらい、行数にして四、五行程度の人物を載せているので、この人が犯人だとしばらく読んだら馬鹿でも解ってしまうから、もしこれから本書を読んでみようという奇特な方は登場人物欄には目を通さないようにお勧めします。そもそも登場回数がものすごく少ない人物をこれが犯人だ、どうだびっくりしただろうとラストにいきなり出してくるのもストーリー上どうかとは思いますよね。
素晴らしい作品を書いている作家だからこそ、期待が大きいからこそ、くどくどと文句も言いたくなるのです、とフォローも忘れずにしておこう。

タグ:スチュアート・ウッズ




デッド・アイズ (角川文庫)デッド・アイズ (角川文庫)
(1999/12)
スチュアート ウッズ

商品詳細を見る

テーマ : 推理小説・ミステリー
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

てんちゃん1号

  • Author:てんちゃん1号
  • 海外ミステリなどの感想を誤字脱字、表現・文法間違いを交え、思い込みと偏見を持って書いています。そんな素晴らしいブログなのでリンクとか何でもフリーです。異次元、霊界、他惑星からもお気軽にどうぞ。

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

ユーザータグ

短編集 ホラー SF アンソロジー クリスマス・ストーリー ルース・レンデル アーロン・エルキンズ スティーヴン・キング キャロリン・G・ハート デイヴィッド・ハンドラー ドン・ウィンズロウ ジョアン・フルーク ローラ・チャイルズ マイクル・クライトン ジョー・R・ランズデール ジョージ・P・ペレケーノス C・J・ボックス ポーラ・ゴズリング ヘニング・マンケル レジナルド・ヒル ローレンス・ブロック カール・ハイアセン パーネル・ホール ジェイムズ・パタースン S・J・ローザン ジェームズ・パターソン エド・マクベイン リチャード・マシスン ジル・チャーチル D・M・ディヴァイン リリアン・J・ブラウン ジェフリー・ディーヴァー レスリー・メイヤー ピーター・ラヴゼイ ジャネット・イヴァノヴィッチ スチュアート・ウッズ ローラ・リップマン ジョルジュ・シムノン レックス・スタウト ジョー・ゴアズ ウィリアム・カッツ マーガレット・ミラー クレオ・コイル ジャック・カーリイ アリス・キンバリー マーシャ・マラー アイザック・アシモフ カーター・ディクスン ヒラリー・ウォー ジョン・ディクスン・カー コリン・ホルト・ソーヤー ルイーズ・ペニー エド・ゴーマン マイケル・ボンド ジェフ・アボット G・M・フォード ジェームズ・ヤッフェ イーヴリン・スミス フレッド・ヴァルガス ロブ・ライアン リタ・メイ・ブラウン ポール・ドハティー キャロリン・キーン ウィリアム・L・デアンドリア ダナ・レオン リン・S・ハイタワー アン・クリーヴス アンソニー・ホロヴィッツ デイヴィッド・マレル ドナ・アンドリューズ サイモン・カーニック ジョアン・ハリス ジャン=クリストフ・グランジェ スタンリイ・エリン ジョン・クリード アンドレア・カミッレーリ レニー・エアース ケイト・ロス ウイリアム・P・マッギヴァーン レイ・ハリスン コニス・リトル クリスチアナ・ブランド エヴァン・マーシャル ファーン・マイケルズ オーサ・ラーソン ジャック・フィニイ ウィリアム・ランデイ エーリヒ・ケストナー リック・ボイヤー ビリー・レッツ サキ ユージン・イジー イーサン・ブラック ジェーン・ラングトン ウォルター・サタスウェイト ウォルター・モズリイ トバイアス・ウルフ ポール・ドハティ スタンリー・エリン 

ブログ内検索

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク

RSSフィード

最近のトラックバック

最近のコメント